リバースアダプタ用後玉保護フィルタ作成

リバース撮影用に後玉保護のフィルタを作りました。絞り調整も出来るようにしています。
シグマのKマウント用レンズマウントキャップを使います。裏面に撮影用の大きな穴を開けます。側面には小さな穴を開け、楊枝を通します。この楊枝で絞り調節用の爪を押します。
f0054075_17351823.jpgf0054075_17354477.jpg
レンズマウントキャップを、最後まできっちりと締めると、絞りが開放になります。緩めると絞り込まれます。単純ですが、たったこれだけの仕組みです。
f0054075_1738242.jpgf0054075_1739029.jpg
このままでは後玉保護にならないので、大穴に適当なフィルターから取ったガラスをのり付けします。K-mと35マクロリミとの組み合わせはこんな感じ。
f0054075_17411291.jpgf0054075_17414044.jpg
こんな写真が撮れます。絞りの効果は大きいですが、絞込み測光のためにファインダーが暗くなるのが難点です。
f0054075_174348.jpgf0054075_17433357.jpg
キットレンズにも使いたいですね。52→49のステップダウン買ってこなくちゃ。
公園で撮った写真も見てね。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/11189755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2009-06-01 09:18 | 改造レンズ | Trackback | Comments(0)