高岩・山急山

北西上州の三山めぐりのつもりだったのですが、一番普通の稲村山はやめて、それ以外の高岩と山急山に行きました。そもそもは、高岩に行きたかったんだけど、単独ではチト短い。ネットで調べているうちに、この三山セットで登っている人がいたので、真似するつもりでした。
まずは、高岩。そう、上信越を走っていると、軽井沢ぐらいで見える岩山です。軽井沢IC辺りから見たのが左の感じ。右が雄岳で、左が雌岳です。右の写真は、雄岳から見た雌岳。
f0054075_214648.jpgf0054075_215452.jpg
f0054075_21131645.jpgf0054075_21141519.jpgf0054075_21151384.jpg最初は普通のハイキング、ただし、超急登。ほとんど、クライミングのアプローチののりです。でもたったの30分。紅葉が綺麗だ~なんて、のんきなこと思っていたら、さすがは西上州の点線ルート、結構長い垂直の鎖場。チムニーだし、立派な鎖が付いてたからまだ良かったけど、落ちたら大変な高さですよ。写真は、上手く高度感出ていませんが… 右は、雌岳から見た雄岳です。
結局、超大変なのはこの鎖だけで、あとは、高度感が怖いだけ。と言っても、すごく怖いです。5m横は100m下って感じ(--; あと、ついでに道が分かりにくい。正直、GPS無いと迷っていたかも。
でもって、雄岳の上から撮った、歪んだパノラマです。
f0054075_21193267.jpg
雌岳を過ぎると、怖い岩場はなくなりました。が、道が分かりにくかった。
そして、山急山まで車で移動。さっき言ったネットの人によると、車であまり上まで行かないほうが良いとの事。さっさと路肩に停めて歩き始めますが、歩けど歩けど舗装ですよ。と思ったら、舗装のうちから道間違えていました。最後まで行かずに、途中で入らないといけなかったらしい。地図にない道があるから間違えるんだよ。
で、なんとか踏み跡と認められるものが、登山道のほうへ向かって伸びているので、それをたどっていきました。小川山で迷子になったみたいな、歩きにくい急斜面です。しばらく行くと、無事登山道に出ました。が、ちっとも歩きやすい道になりません。しかも、すぐに道をロストしました。と言うか、リボンに沿って行ったのに、地図と全然違います。辿り着いたのが、五輪岩との間のコルだったので、先に五輪岩に行くことにしました。
f0054075_21341825.jpgf0054075_21345821.jpgそこで見たものは、変な形の岩と、これから目指す山頂。そして、五輪岩の露出感もすばらしく、晴れていたら展望は良いでしょう。が、天気予報に反して、朝からずーっと曇ってる。どっちの山も展望が良さそうなので、また、リベンジせねばと思うんだけど、正直、どっちの山も、もうゴメンだよって感じもします。
山急山では、半分くらいが道じゃ無いところ、残り半分が、地図にない登山道で、地図通りに行けたのって、山頂直下のほんのちょっとだけかと思います。しかも、全く違う方向に下りそうになる間違いもしました(そこも地図にはない道です)。まあ、GPSがあるからこそ、挑戦できた山ですね。
途中、くま(だと思う、きっと)にまで遇って、向こうが勝手に気付いて逃げて行ったから良かったものの、怖いし、とにかく疲れ果てて、稲村山はやめて、さっさと帰りました。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/12186895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2009-10-24 21:52 | 山歩き | Trackback | Comments(0)