大天井・燕

朝起きるとすごい風です。こんな中テントの撤収が出来るか不安になりながら朝食。食べているうちに風が弱くなったのですが、後で聞いた話では、撤収中にテントを飛ばされた人がいたようです。
f0054075_19505740.jpgそして朝一番に大天井に登りました。今までに見えなかった展望が開けます。北は、鹿島槍や針の木、立山や剱まで確認できます。ここでもっとしっかり確認しておけばよかったんですけどね。この後ずっとみながら歩くのが鷲羽・水晶・野口五郎あたりなのですが、ここで全部見えるうちに確認しておかなかったので良く分かりませんでした。さらに分かりにくいのが、船窪乗越しが針の木の裾に一体化しちゃって見えないんですよ。あそこで稜線切れるはず無いのにと…
で、ちょっと期待の鎖ゾーン。と思ったら、超整備されているじゃないですか。やりすぎでしょ。これが表銀座クオリティかと唖然とさせられました。が、後のことですが、燕からの下山はもっとすごかったですよ。いくらなんでも過保護すぎます。
f0054075_2033650.jpgf0054075_2034550.jpg
行程短いし、地図を見つつ展望の山を確認しつつ行きます。北鎌尾根が格好良いですね。今日の主役な感じ。しばらくすると、特徴ある烏帽子が見えてきました。
f0054075_20103337.jpg
そんなこんなで燕山荘に到着。混んでいるので通過して山頂を目指します。
f0054075_2012147.jpg燕では展望来ました~。すごいです。風強くて寒かったのに、かなり長居しちゃいました。だって後は下るだけだし、バスの時間まではたっぷりあるし。去年歩いた船窪から水晶まで、今回歩いた蝶からここまで、槍穂・立山剱も全部見えます。そして、次々に人が来て大賑わいです。風強いので、みんなすぐにかえって行きましたが…
そして一気に下山。1000m下るくらいまでは調子良かったのですが、そこから先はちょっと疲れた。でも下山地には温泉が待っています。思ったほどの混雑も無く入浴。ここ、露天しかないんですね。3日目だし、洗わずには入る訳も行かなく寒い。時間あるしのんびり浸かって、それでも時間余ってのんびりバス待って、穂高からあずさで帰宅。やっぱり渋滞知らずは良いですねぇ。1人だったし、松本で座れました。このパターン良いかも。そして燕も気に入りました。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/16691481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2011-10-10 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)