三俣蓮華-双六

今日も朝からさえない天気です。もう降りちゃおうかな~とか考えながら出発。
f0054075_174886.jpg
三俣蓮華の山頂で騙されそうになったり、双六の残雪の情報を仕入れたりしながら進みます。
f0054075_1753361.jpgf0054075_17533817.jpg
双六の下り、稜線コースの夏道は雪が多いから危険とあるのですが、どう危険?アイゼン無しだと危険?12本じゃないと危険?良く分からないので行ってみた。ちなみに6本アイゼン+ピッケルと言う、アンバランスな装備で。
f0054075_17572562.jpg
この写真じゃ伝わらないだろうけど結構急。6本爪アイゼンでは、まっすぐ降りられません。ジグザグに降りて何とかクリア。ここまで順調に来れたし、天気も回復してきたので、この先予定通りに行く事にしました。まだまだ先は長いですが…
f0054075_1802556.jpgf0054075_1803552.jpg
そんなに標高が低くないと思うのですが、このコースは緑が豊富。その分、足元ドロドロの所まで有って、イライラしますが。ここは本当に北アルプスの稜線上でしょうか?
f0054075_1842319.jpgf0054075_1844497.jpg鏡平への分岐を過ぎると、また人が減ります。まぁ、お休みは今日までですからね。
写真は面白みが無いので姉妹サイトにしかありませんが、一番心配だった秩父平の雪はだいぶ溶けていました。下部は残雪上を歩きますがそれほどの斜度はありません。上部の急斜面はほとんど夏道が出ていて、最上部のちょっとを岩をへつればアイゼンもいりません。
この先気持ちの良い稜線のはずなのですが、ガスって行き先見えないし、疲労も困憊。ペースも上がりませんが、それほど遅れていないので大丈夫でしょう。
f0054075_18142226.jpgf0054075_1814338.jpg
4時前にはテント場に着いたのですが、山小屋はまだ1段上。水場は上にしかないとの事で、しばらく休んでから受付に行きました。ここでもガスは晴れず、槍穂の展望は結局見れず仕舞い。秋にまた来ようかなぁ?でもアプローチ悪いよな。
で、やっとこ見れた、今日来た道。あまり良く分からないけど…
f0054075_18181594.jpg
ここのテント場もよく風が通りました。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/17787599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2012-07-16 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)