WSL に開発環境

Windows 側に Emacs とか ModelSim とか入れて、Cygwin から開発環境を移植してみた。
.bat ファイルを bash スクリプトに移植したり、.exe を追加したりして、一応動くようになった(25日の追記を参照)。あれ?もともとは Cygwin 必要だったのか?いや、なくても動くように仕立てたんだったか。
ただ、全環境移植するためには VOYO に EXCEL が無いという越えられない壁がある。かといってメインの環境を InsiderPreview にするわけにもいかん。来年の3月とか4月とか言われている RS2 が来るまでは試行ってことで。
でも、日本語と改行コードはちゃんと考えないといかんなぁ。
ちなみに、Emacs の為に Windows 側の環境変数 HOME を設定しないと $HOME/.emacs を読まないみたい。

[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/26589053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2016-10-27 20:24 | PCとか | Trackback | Comments(0)