V-scale を spec v2.1 にしたい

V-scale で遊びたいんだけど、なんとなく古いアーキテクチャのまま取り残されているように見える。test/ に入っている hex ファイルしか実行できない CPU ではつまらないので、riscv-tests リポジトリの RV32IM のユーザモードのテストくらいはパスするように改造する。
その前に、入力ファイルの生成方法がわからなかったので、読み込むファイルの形式を ihex に変更した。
リセットベクタが変わっていたり、システムレジスタのアドレスが変わっていて、なかなか本来のテストまで届かない。意味の分からないレジスタも、とりあえず isa のパタンが通れば良い程度の変更をした。で、やっとテストが始まると、テスト部分はあっさり通過。だが、終了方法も変わっている模様。そこまで直すとやっとパスした。
1本通ると、他の全部のテストもパスしました。まあ、基本的なところは変わっていないってことか。
特権マニュアルちゃんと読んで変更分反映しないとダメかな?こういうのつまらないんだよなぁ。
現状版を GitHub に公開しました。
[追記] rv32mi-* の9本を試してみると、3本パス、3本フェイル、3本終了せずでした。ここから手を付けるか。

[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/27062783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2016-11-26 20:59 | PCとか | Trackback | Comments(0)