V-scale でも kozos を動かしたい 準備編

V-scale には命令とデータ用の2本の AHB ポートが出ています。で、どんなメモリがつながっているのか見てみると、これってデュアルポートメモリか?FPGA ならデュアルポートでも大丈夫だけど、やっぱり普通の SRAM にしたいよね。ってことで、アービタをこさえました。で、ISA 検証パタンを流してみたら、命令フェッチを待たされる時のインプリバグってるじゃん。バークレーのインプリはすごく綺麗に書いていて読みやすいんだけど、たまにバグってるね。なんか途中で投げ出したように見える。
ところで、最近まで間違っていたのですが(全部自分で作っていたからそれでも動いていた)、AHB のライトデータってデータフェーズに出すのですね。これって、かなり沢山の人が迷惑してるんじゃないかなぁ。どうしてこうなった?[追記 案の定、ライトバックバッファ付きメモリの作成に手こずりました。]
OpenCore からもらってきた UART エンジンに AHB の口をつけて、それと命令メモリ、データメモリの合わせて3スレーブと、CPUからの2マスタのクロスバーを作ってつなぐつもりです。命令メモリは命令フェッチ優先で作ろうと思っていたのに、毎サイクル命令フェッチ出るんですね。ここもいつか直したいけど、まずはデータ優先で作っておくか。

[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/27207787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2016-12-06 23:23 | PCとか | Trackback | Comments(0)