Vostro にも RISC-V

Creators Update に合わせて、主力のデスクトップにも RISC-V 環境を構築中です。ついでに、Vivado も ModelSim も最新にしようかと思います。
で、ひとつ大事なことに気付きました。巨大な波形ファイルを作ると、ウイルス監視ソフトが頑張り過ぎちゃうみたいです。Verilator を使って vscale-chip をシミュレーションすると、一気に数百メガのファイルを吐き出します。それが原因か定かではないのですが、シミュレーションが終わってからプロンプトが出るまでにとっても時間がかかる。Inspiron でやっていたときは、Defender が勝手に止まっていたみたいです。Defender には監視除外の指定ができるみたいなので、フォルダごと監視から除外の指定をしちゃいました。
それにしても、やっぱり速いPCは良いなぁ。

[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/27707569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2017-04-08 14:35 | PCとか | Trackback | Comments(0)