鋸岳

朝起きると濃いガス。視界がほとんどありません。このままでは鋸は無理と待機。7時頃、行程を考えるとぎりぎりの時間に少し晴れ間が。とりあえず鋸目指して出発、無理なら引き返そうと言うことに。雨は降ってなかったけど、草が濡れていたのでしばらくの間コンビニカッパを着るはめに会いました。
中ノ川乗越までは、落ちたらやばいけどまず落ちないしっかりした道。ここが最後の敗退路の分岐点。一瞬の晴れ間がおいでおいでしてます。結局、晴れ間は朝7時とこのときだけだったかな?で、晴れ間に誘われたので鋸を目指して登る、と、あっ、鹿の窓だ。この登りは鎖は付いていたけど、とっても恐ろしいです。この先は、疲れた&怖かったで写真なしです。
f0054075_17372578.jpgf0054075_17373274.jpg

大ギャップの巻き道を慎重に探しながら、迷うことなく巻いて、メインイベントの小ギャップ。(たいちくんに環付を借りて)懸垂で降りてから、鎖に中間支点をとりながら登りました。ロープを使ったのは小ギャップのみです。が、ここで大事故発生。2本目の中間支点を(鎖から)取っているときに、右足元が割れて大落石。ビレイ中のたいちくんにも当たらなかったし、僕もセルフビレイを取っていたのでほとんど落ちなかったのが幸いでした。が、落石はロープに当たっていたようで、ロープの芯は半分以上が切れていました。いや~おっかないです。ロープを結びなおして小ギャップ通過、山頂はすぐそこでした。
山頂から先は楽しみの付けが。約5時間のつらーい下り。しかも、小雨が降ってきたと見せかけられました(すぐやんだけど)。またもやコンビニカッパ登場。終バスの時刻を調べ損ねていましたが、ぎりぎり間に合いました。+1時間歩かずに済んでよかった。
鋸は最近鎖とペンキで大幅に整備されたと聞いたけど、それでも、今までに行った点線ルートとは比べ物にならないくらい難しかったです。かなり無理を押して行ってしまった感があるけど、楽しかった、行ってよかったです。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/3186086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2006-08-27 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)