平が岳

C&C仲間の百名山ハンターと、物知りさんと。6月に残雪で企画倒れになったののリベンジです。
いつものように前夜10時発、今回は遠くて、登山口到着が2時過ぎになってしまいました。5時に登り始めのため、4時半起床、せっかくの前夜発でも2時間半しか寝れません。もっと早く出ればよかった。今回は、初めてのセレナ3人泊チャレンジ。1列目2列目シートを前に持って行きトランクで2人、助手席を前に倒して、その後部席を後ろに倒して、隙間を埋めて1人。そこそこ快適に寝れそうです。今回は2時間半なのでよく分かりませんが…

f0054075_15382651.jpgf0054075_15395030.jpg登り始めると結構ごつごつ、名前からしてもっと歩きやすいと思っていたのに、やっぱり上越の山か。写真は少ないけど、ずっとごつごつだったんです。
自分の歩幅で歩くことを許されず、腿パンパン、そして物知りさんリタイア。ピストンなので、池ノ岳での待ち合わせを約束して百名山ハンターとピークを目指すことに。

とにかく歩きまくります。下は奥只見の山深い風景。右は燧ケ岳とトンボです。黒い影が映ってますね、カメラ修理に出さねば。
f0054075_15485022.jpgf0054075_15485767.jpg

やっとの思いで池ノ岳到着、池塘とここから見る平が岳です。風景は山頂からより、ここからのほうが良いですね。しばし見とれてから山頂に向けて出発。
f0054075_16522787.jpgf0054075_16524090.jpg

f0054075_17581144.jpg山頂はどこまでも平らで、展望はありません。見えるのは池塘だけ。ここからは入っちゃ駄目って先に鳥を発見しました。遠目ですが、結構でかいです。見知らぬおじさんの話では山鳥って事ですが、百名山ハンターは恐竜って言ってます。


池ノ岳への帰り道の水場付近ではお花畑が綺麗でした。水場の水はおいしかった、元気百倍です(元がだいぶ少なくなっていますが…)。残念ながら、時間切れで玉子石はあきらめです。
f0054075_1823857.jpgf0054075_1825072.jpg
f0054075_1825943.jpgf0054075_183697.jpg

f0054075_1872468.jpg池ノ岳で、物知りさんと合流して、そのあとが大変な下り。もう行動を終えなくてはならない3時半でもまだ先はこんなに長いです。結局下山は5時を過ぎました。
歩程12時間、家からの往復は24時間(2時間半仮眠)の大遠征となりました。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/3299002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by climber-kin at 2006-09-11 21:32
お疲れ様でした。天気よかったようですね。私の平が岳登山は、奥利根本谷経由で水上山を経て、4日がかりで疲れ果てて山頂付近の記憶がありません。こんな感じなんですね。最後の写真は八木沢ダム方面ですか。
帰りの車は居眠りなく無事帰着できてよかったですね。次は、行動時間24時間を目指してみてください。その場合は、寝てから車運転しましょうね。
Commented by tom01h at 2006-09-12 11:01
天気の良すぎが災いして行動時間が延びたのと、天気が良かったので5時まで行動しても不安がなかったのとで複雑な感じです。4日間の藪こぎとか、24時間行動なんて勘弁して欲しいですねぇ。12時間だって、もうしばらくは良いです。
最後の写真は、鷹ノ巣に降りる登山道です。このサイズだと分かりにくいですが、尾根上に道があります。
そおそお、最近の地図には、皇太子道が乗っているようですよ。アプローチ不明、3時間で山頂に。
by tom01h | 2006-09-09 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(2)