大弛峠

C&Cのテント泊金峰山登山に参加しました。天気予報では晴れ、気温も高そうだし、ルートも、土曜日が長野県側から大弛峠、そこでテント泊し、日曜日が軽身で金峰山往復、テントを撤収して下山の予定と、お気楽そうな内容。雪山スノーシューハイキングを楽しんでくるはずだったのですが…
f0054075_15311982.jpgf0054075_12483957.jpg出発は11時過ぎとちょっと遅め。でも、この時点では、いかにも雪上ハイキングないい感じ。気になるのは、ザックがおそろいって事位。しかし、なんかペース遅い、さらさらの雪で足場が崩れやすく、歩きにくいんです。しかも、林道がジグザグ長いので、ショートカットの道に入るとさらにペースダウン。もうみんなバテバテで、テント設営先発隊がテン場に着いたのは6時頃になってしまいました。真っ暗な中で反射塗料で書かれた看板をフラッシュ焚いて取った写真です。なんか面白いのでアップ。
f0054075_15391746.jpg真っ暗な中テントを設営します。テントの構造が分からず手間取りました。寒すぎです。そして、30分ほど遅れて後続隊がぱらぱらと到着。ホントお疲れ様でした。片方のテントが小さかったので、4人と2人に分かれて寝ることに。2人用は寒かったようですが、4人のテントは狭かったけど暖かかったです。ただ、狭くて寝返りも打てず、背中が痛くてよく眠れ… ました。夜中、すごい風で、テントが飛ばされそうで怖かったです。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/4524969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2007-02-03 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)