倉岳山

富士山の冠雪が遠望できるようになったと聞いて、富士山を見に行きました。大月市の指定する秀麗富岳12景から倉岳山-高畑山-九鬼山をつなぎます。
f0054075_21212396.jpgf0054075_212222.jpg
f0054075_2124048.jpgf0054075_21244593.jpgまずは、沢沿いの登り。おや?新緑?初夏の雰囲気か?と思ったけど、草は秋でした。そして結局、倉岳山の山頂でしか見れなかった富士山。ちょっとだけ白いでしょ。
この道は、いつも見る花がまとまって咲いている、と言えばよいか、枯れた花と並んでないと言うか、非常にいい状態。が、先を急ぐし、見慣れた花なので、たいして写真も撮らずに先へ。
そして、このコースは、どーんと登るとかは無いんだけど、細かいアップダウン、しかもすごく急なのが連続します。そして、高畑山を過ぎると道はさびれ、さらに、鈴ヶ音峠を過ぎると足元が見えないくらいの草。しっかりとした踏み跡はあるけど、先が見通せないので、いかにも迷いそうでした。
f0054075_2129047.jpgf0054075_21294630.jpgそして、偽の九鬼山へ到着。1時間くらい早過ぎる。それに、どう見たって富士山の展望のある山ではない。そして、このピークから先に道らしきものは無い。やっと道を発見してたどってみると、しっかりした道になりました。これが登山道なのは間違いなさそうだが、さっきのが九鬼山ならこの道は行きたい方と違う。しかも、どんどん下るので、やはりさっきのが九鬼山?仕方なく、さっきのピークまで戻る。道しるべには、"九鬼山こっち"の矢印らしきものの完全に消えた跡が見える気もする。しかも、標高が地図にあるものより全然低い。やっぱりこれは、途中のピークだ、さっきの道を進もう。で、どんどん行くと、前方に大きな山が。あれが九鬼山だな。で、禾生駅からの道と合流すると、立派な登山道になりました。これだからマイナーな山は嫌いだ。右下は禾生駅近くの風景。紅葉すると綺麗そうだ。
もっと写真。GPSログ 地図 GDB
f0054075_21372278.jpgf0054075_21382089.jpg
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/6640265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2007-10-21 21:22 | 山歩き | Trackback | Comments(0)