針の木谷

ついに展望の利く日がやってきました。朝日も綺麗だし、槍まで見えます。槍がぼやけているのはご愛嬌。
f0054075_1448168.jpg
f0054075_14465637.jpg
今日は昨年に引き続き針の木谷へ行きます。お気に入りなんです。でも、針の木からは怖かったし、やっぱり船窪小屋に泊まってからって気もあったので、今回は船窪から。ちなみに針の木谷古道は、船窪小屋の主人が数年間の整備をして、去年復活した道です。
そして沢まで下りると、いきなりの雪でした。何箇所か、大きなのが残っていました。
f0054075_1453276.jpgf0054075_14541783.jpg
船窪から行くと、道さえ間違えなければ、多分、普通の登山道と呼べそうなところまで来ています。小川山の渡渉みたいのが数箇所あるくらいかな。が、今年も道を間違えた。高巻き道を1箇所見つけられませんでした。それでも渡渉ポイントはいくつかある。間違える人が多いのでしょうね。で、今年は膝下だけど川に落ちた。靴の中もちょっと濡れました。言い訳をさせてもらうと、10:15の船に乗ろうと急いでいたのです。
f0054075_15103594.jpgf0054075_15111821.jpg川原の花は今までと違った感じでした。標高の差かもしれませんが。
そして、道を間違ったところでは結構な藪。ちくちくして痒いです。それでもずんずん行くと、去年の見覚えのあるところに出ました。この先は分かりやすいはず。急げ急げ。
f0054075_1523850.jpgf0054075_15222727.jpg30分ほど余裕を持って渡し場に付くと、赤牛のほうから降りてきた人たちが居ました。しばらく雑談をしていたのですが、なんと、立山から雲の平を通って、ぐるりと回ってきたそうです。
そして、平の小屋で今日1回目の買い食い。時間に余裕も出来たし、カレーライスを食べました。
充分休んでからうんざりする黒部湖沿いの道を行きます。景色は綺麗なんだけど、そんな余裕はありません。ひたすら歩きます。途中、とどめとばかりに長い梯子段も現れます。ここで事故が起きないのが不思議なくらい。そして、なんか足が痛いんだよね。後で見たら豆が出来ていました。こんな事無かったのに、やっぱり靴が濡れたせいかな?
黒部ダムに着くとすごい人ごみ。一度ガルベに乗ってみたいんだけど、あの長い階段と、すごい行列に負けました。わき目も振らずに扇沢まで。扇沢では2回目の買い食い、鱒の鮨を食べました。
f0054075_15275072.jpgf0054075_15282456.jpg
帰り道は大きな渋滞も無く無事帰宅。すごく疲れたけど、やっぱり山は楽しいですね。
[PR]
トラックバックURL : http://tom01h.exblog.jp/tb/8763593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2008-08-02 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)