2017年 09月 11日 ( 1 )

FMA を仮に組み込んだらスラックが -6ns を超えました。フラグ更新のパスがワーストです。
サブノーマル対応のノーマライザが遅いのかなぁ?なんかよい方法を考えないといけなさそうです。
でもその前に、ちゃんと機能を積み込みます。安心のバークレーテストフロートを使うために、モデル検証環境を再利用しました。ADD/SUB/MUL は完成したつもり。
精度不足を補ったり、特殊値の入力に対応して FMA が完成したら、最適化に取り組もうと思います。
しかし、デフォルト非数の符号がテストフロートとRISC-Vで違うっぽいのが面倒ですねぇ。


[PR]
by tom01h | 2017-09-11 23:57 | PCとか | Trackback | Comments(0)