カテゴリ:PCとか( 132 )

WSL

InsiderPreview のインストールは済んだのですが、何やらダウンロードしてます。とりあえず Windows Update の配信の最適化は無効にしておいたほうが良さそうです。あと、Preview は微妙に英語が残るのですね。
で、WSL をここを見ながらインストール。"ホスト名の明記"はやらなくてもよくなったみたい?とりあえず、GCCは入れといた(sudo apt install build-essential)。
[追記 Cygwin と違って、Windows の PATH を引き継がないみたいですね。あと、Windows コマンド実行時は、拡張子の .exe を省略できない模様。それと、カレントにある .bat ファイルが実行できない模様。]
ここにホームディレクトリのありかが書いてありました。Windowsのホームにショートカット作っておくと便利かな?
[追記 Windows 側で WSL のディレクトリをいじってもすぐに反映されないみたい。危険なのでここは使うのやめて、/etc/passwd 書き換えて HOME を Windows のホームに設定するのが良いかな?]
あと、Bash on Ubuntu on Windows ってアイコンできたし、Cmder 無くてもいけるのかな?あったほうが便利かな?
f0054075_21142879.jpg
ちなみに指紋と映り込みがひどくて、写真を撮るのは大変なんです。
[PR]
by tom01h | 2016-10-25 14:28 | PCとか | Trackback | Comments(0)

Insider Preview 14951

最新へのアップデートは終わった。
InsiderPreview に申し込んであったので、再起動後あっという間にダウンロードが始まる。
そういえばバックアップ取ってない。ダウンロード中ではあるが、バックアップ取っておいた。
この後は WSL と Ubuntu16.04 のインストールが待っていますが、とにかくネットが細くてダウンロードの待ち時間が長いです。
f0054075_10271791.jpg
このために買っておいたようなMSのキーボードですが、気に入ったので主力デスクトップの Vortro 用と別に 2 個目買っちゃいました。

[PR]
by tom01h | 2016-10-24 19:29 | PCとか | Trackback | Comments(0)

VOYO V3

VOYO V3 という CD ケース大の手のひら PC を買いました。中華 PC で日本での扱いはありませんが、Amazon のマケプレ店で輸入品を買えます。こんな感じで見た目も格好良い。
f0054075_20132954.jpg
まずは起動してみた。中国語って噂でしたが、僕のは英語でした。
そしていきなり 4K が出ます。Vostro より苦労なしです。スケーリングは 100% に変更必要でしたけど。しかも Vostro は 25Hz までしか出ないのに、VOYO は 30Hz まで出ます。
最初にアクティベーションします。その前に Wifi 設定ですね。どちらも問題なし。
次に Windows7 のバックアップツールでバックアップ。特別なドライバが必要になることなんてないと信じてますが一応。
そして、日本 MS のサイトからダウンロードした Windows10 のイメージからクリーンインストールします。が、Windows 上から DVD のアップデートプログラムを実行すると、途中でエラーで止まっちゃいます。じゃ、DVD から起動… どうやんの?起動中に Del キ-を押すでした。なんでや?と思ったけど、F2 とかだと付いてないキーボードあるからかな?
DVD に焼き損じたか MS のデータが最初から悪かったか、途中でファイルが足りないとか言ってきた。仕方がないので、RS1 の頃の DVD からインストールする。
クリーンインストールすると Wifi すら繋がらなくなりました。メーカーホームページにもドライバない。詰んだので、さっきのバックアップ使って元に戻します。が、これもなかなか上手くいかない… 理由はわからんが、何度かやってたら上手くいった。
初期状態に戻ったら DoubleDriver でドライバ吸い出して、DVD から日本語 Windows10 RS1 をクリーンインストールします。その後、DoubleDriver でドライバを書き戻します。すごいよ、これで使える。
RS1 から最新への更新が始まって、ネットが占有されるので何もできなくなった。あとで、InsiderPreview に申し込んでおこう。
今日はこんなところか?こんなことで1日かかってしまったよ。

[PR]
by tom01h | 2016-10-23 16:51 | PCとか | Trackback | Comments(0)

Windows Subsystem for Linux

Windows上でUbuntuが動くとのことで期待していたのですが、いざふたを開けてみるとUbuntuのシェルからWindowsコマンドが実行できなかった。だから、Cygwinから移行しなかった。しかし、最新のInsiderPreviewから出来るようになるらしい。”WSLコマンドプロンプトからのWindowsバイナリの直接起動が可能となった。”コマンドプロンプトから?あー、Windowsのターミナル使うってことか?これは不便だなぁ。と思ってたら、CmderなんてのがWSLで使えるらしいです。で、設定はここらを見るとよいのかな?
[PR]
by tom01h | 2016-10-20 23:41 | PCとか | Trackback | Comments(0)

PIX-DT300

USBチューナーを買ってみた。小さいけどフルセグ対応です。
うちは一応難視聴エリアなんですが… 付属のアンテナでは全然見れません。壁のアンテナ(CATVのパススルー)につなぐととってもきれいに見えました。
が、Photon2につないで使うと、最初はいいんだけど、10分ぐらい使っているうちにカクカクしてくる。熱かな?タスクマネージャ見てると、普段は1~1.5GHzくらいで動いているんだけど、使っているうちに500MHzくらいまで落ちてきているようです。こうなると全く見えません(後日談あり)。ちなみにワンセグは余裕です。
で、デスクトップにつなぐとさすがにちゃんと動きます。ファンもいつもより余計に回っている気配もありません。さすがi5。

後日談
2ch見てたら、photon2の熱ダレ対策載ってた。なんか効果ありそう。部屋が涼しくなったってわけじゃないよね?
・VGAの設定
CatalystControlCenter→電力→PowerPlay→バッテリー駆動時間を伸ばす
・プロセッサの設定
電源管理で、プロセッサの最大を99%にする

[PR]
by tom01h | 2016-10-04 21:30 | PCとか | Trackback | Comments(0)

ALL IN ONE MEDIA KEYBOARD

マイクロソフトのキーボードを買ってみた。ノートPCを使っていると、タッチパッドにはマウスとはまた別の使い道が出てきちゃって、デスクトップ用にもほしくなったので。が、いろいろ調べると、安物タッチパッドはとっても使いにくいらしい。これもそんなに評判良くないけど、調べた中ではまだましっぽい。
キーはちょっと小さいみたいで、右端のあたりは打ち間違ったりもする。打った感じはヘコヘコしているけど、まぁ、嫌いではない。肝心のタッチパッドはやはりちょっと反応鈍いけど、使えないほど悪いこともない。多少の我慢と慣れで使い続けられそう。Photon2の奴よりかはだいぶましです。ですが、見た目の通り独立したボタンがないタイプなのですが、2本指で押し込んでも右クリックと認識してくれない。2本指タップは右クリックなんだけどね。今までノートではタップはオフにして押し込むのを使っていたので、これはちょっと残念です。あと、角度が変えられないのはかなり衝撃があります。が、別に変えられなくても不便じゃないかも?
f0054075_10583189.jpg
あと、RS1のEDGEから、2本指のフリック?で戻るとかノートでは出来るようになったんだけど、このキーボードだと出来ないね?なんで?まぁ、Alt←でも良いか。

[PR]
by tom01h | 2016-09-13 11:16 | PCとか | Trackback | Comments(0)

大型アップデート

Windows10 が RS1 になりました。
して、デスクトップはアップデートがあると FullHD に戻ったりする。
今回もそうで、数回再起動しているうちに 4K が使えるようになった。
きっかけは謎??
CTRL と CAPS の交換も元に戻ってるねぇ。

あと、スマホ(Wifiにしかつながっていない P8Lite)にもマシュマロ来た。
偶然にも、同じ日に2つの大型アップデートでした。

Windows10 は他にも数台アップデートせにゃならん…

[PR]
by tom01h | 2016-08-05 08:45 | PCとか | Trackback | Comments(0)

Photon2

BungBungame の Photn2という 2in1 を買いました。
4G64Gの中で特に安かったのが第1ですが、FHD 以上の解像度 WUXGA であるのも決め手。
Win8.1だったから買ってすぐにWin10にしました。
ずっとほしいと思いつつこの時期に買ったのは、Win10期限が迫っていたためです。
とりあえず、ペンもタッチパッドも使いにくい…
なれれば何とかなるかな?

追記
こんな感じでつるしておけば、メールくらいならデスクトップの電源入れないでもチェックできるかもと思っております。
f0054075_16475288.jpg

[PR]
by tom01h | 2016-07-25 21:12 | PCとか | Trackback | Comments(0)

UART回路

動かないまま放置していたUART回路をバイトの博士が動かしてくれた。
動かなかったのはUSB-UARTボードとFPGAでTXD、RXDをそれぞれ直結していたから。
クロスで繋がなくてはいけなかったらしい。まぁ、言われてみればそうか。
それ以外はちゃんと動くらしい。まだ、自分で試してみてはないんだけどね。
あんまり興味なくなっちゃったけど、これで先に進めそうだ。
しかし、こういうの解析できる技ってうらやましいなぁ。

[PR]
by tom01h | 2016-06-29 21:59 | PCとか | Trackback | Comments(0)

Arty再び

JTAG UARTではX-MODEMが使えそうになかったので、外付けのUSB シリアル変換を試していたのですが全く動かない。ちなみにUARTはOpenCoreから。
そんなわけで長いこと放置していたのだけど、ここでXilinxに戻ってみようと思い立った。
Vivadoの使い方全く覚えてない…
いろいろやっていると端子の接続とSRAMの初期化はできるようになって、CPU制御でLEDの点滅ができた。
でも、Artyはクロックが100MHzです。タイミング収まりません。まぁ、LED点滅ぐらいなら動いていますが。
そぉそぉ、このボードのLED明る過ぎますよ。

[PR]
by tom01h | 2016-05-06 22:50 | PCとか | Trackback | Comments(0)