<   2006年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

B-PUMP

今日はアップの11dが登れました。ムーブを変えたのが良いみたい。少し間が空いたので疲れの感覚が鈍くなっていたけど、短いので登れました。その後水色を2本試すがムーブも出来ず。道場課題も2本試すもムーブが出来ず…
[PR]
by tom01h | 2006-10-31 23:59 | B-PUMP | Trackback | Comments(0)

表妙義

f0054075_11594639.jpgビバークポイントからの景色はこんな感じ。妙義はどっちを見ても垂直の壁ですね。昨日はちょっとの時間、僕が先頭を歩いたのですが、砂の出ているあたりで道を間違えました。その後も何箇所も。やはり僕の実力では、独力で星穴新道は無理です。

f0054075_1617493.jpg左が裏妙義。左下が妙義神社のほうになるのかな?よく分からんが、どこを見ても崖ばっかりです。
この週末は気温が高くて、しかも標高も低いので、とても暑かったです。防寒具をたくさん持って行ったのは無駄になったし、着てた服も暑すぎて汗いっぱいかきました。水が少ないってのに…
f0054075_16182110.jpgf0054075_1623195.jpg
そして右上が有名な鷹戻し。本日最難箇所かな。見えてるトラバースの後に10mくらいの垂直の下りがあります。看板には鎖を離すなって書いてありました。確かにずっと持っていると疲れちゃいますが、離すと落ちちゃうので離すわけがありません。
やはり表妙義の縦走路は、すれ違うパーティーが結構ありました。この人たち、本当に鷹戻しに行くのって人たちまで(^^;その中に負傷者を抱えたパーティーが。「ここら辺から下る道ありませんか?」って「有る訳無いじゃん、地図見ろよ。」とは答えなかったけど、結局ヘリを呼ぶことにしたみたい。あっという間に駆けつけました。さすが群馬県警、妙義のレスキューは手馴れたものか?今日もぐったり疲れて、相馬岳の手前から下りました。途中見晴らしからの景色は絶景、3mほどの岩の張り出した部屋が有って,窓まで付いていて、窓からの景色が最高なんです。でも、ゴールまで1時間弱なので、ここでのビバークはないと思いますが…
f0054075_1629477.jpgf0054075_16301359.jpg
[PR]
by tom01h | 2006-10-29 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

妙義山 星穴新道

C&Cのツアーで、妙義山の星穴新道に行ってきました。
とにかく、整備があまりされていなくて大変なんです。踏み跡も不明瞭だし、ルートもこんなところ行けるのかよ?って所が多く、自力で行ったらすぐに道に迷うでしょう。人気のバリエーションよりは大変かと思います。
f0054075_2255446.jpgf0054075_1171927.jpg










そして、ここが最難箇所かなと思うところは新旧2本のFIXが有るおっかないトラバースでした。ロープ沿いに下降してからトラバースします。その下にも別のトラバース道があって、どっちが正しいの?って感じです。
その後、鎖が朽ち果てていたり、紅葉がとても綺麗だったり。紅葉と岩ってとっても合いますね。このルートは水場が無いので、ビバーク用も含めて3Lの水を持ちました。とっても重いです。やはり荷物が重いと疲れますね。
f0054075_22512623.jpgf0054075_11123559.jpg

f0054075_11175461.jpgf0054075_11192127.jpgかなりへばったところで星穴の上に到着。星穴を見に行くには懸垂下降で一段降ります。そしてこれが星穴。で、戻るにはロープをユマールで登り返します。慣れてない人は大変そうでした。

f0054075_11225522.jpgf0054075_11231077.jpg
そして予定のビバークポイントまではたどり着けずにこんなところでビバーク。師匠のツェルトはタープが有るけど、我々のは無し。夜にちょっと雨が降ったけど、ツェルトの中はさほど濡れませんでした。が、斜めのところにツェルトを張ったので、朝起きると30cmくらいずれてました。狭い所でのビバークでしたが、あったかかったし疲れていたので、よく眠れました(11時間くらい)。
[PR]
by tom01h | 2006-10-28 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

奇貨居くべし

秦の始皇帝の父といわれる(?)呂不韋のお話です。全5巻です。最後のほうは始皇帝の話になるらしい。
f0054075_2333448.jpg

短編集は時代の流れを掴むのに良いようですね。春秋時代の始まりが2話。やはり春秋時代の話も読んでみないとね。いっぱいありますよ~。
[PR]
by tom01h | 2006-10-25 23:59 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)
今週は出張を入れられちゃったので、ビパンに1回もいけそうもありません。今日は行っときたかったんだけど…
f0054075_0325849.jpg

[PR]
by tom01h | 2006-10-23 23:59 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

三国志

ハードカバーなので、週末に読める分だけ読みます。まずは2巻の最初ぐらいまでです。よくある三国志とは違い、演義ベースではないです。宮城谷さんは漢帝国の滅亡の背景から書きたかったらしく、後漢6代皇帝の安帝の頃から話が始まります。そして今読んでるのは11代皇帝が生まれようとしているところ。まだ、いわゆる三国志の時代には入ってません。12代が霊帝で、普通の三国志は霊帝の終わりごろから始まります。ちなみに13代が少帝で、14代の献帝で漢帝国が滅びます。
f0054075_19144128.jpg

[PR]
by tom01h | 2006-10-22 19:36 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)
ハロウィンまでに間に合いました。
f0054075_20325988.jpg

[PR]
by tom01h | 2006-10-21 20:35 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

B-PUMP

今日はアップの11dを落とすつもりでたくさん撃つ。が、結構大変。最高で、あと3手ぐらいで落ちて、そこのムーブを変えたところで力尽きた。そして、前回触ったけどムーブも出来なかった水色。いろいろ教えてもらって、何度も手順を変えてやっと出来ました。やっぱり水色は難しい。
[PR]
by tom01h | 2006-10-20 23:59 | B-PUMP | Trackback | Comments(0)

沈黙の王

今週末は引きこもって三国志を読みます。ハードカバーは持ち歩きたくないので。で、つなぎは短編集です。文字を発明した王らしいです。
f0054075_21413549.jpg

天空の舟は、初期の作品のせいか、次々と展開があったり、分かりやすい人物設定だったりしませんでした。前に2つが読み易すぎただけかもしれないけど、ちょっと大変だった。
[PR]
by tom01h | 2006-10-18 21:42 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

B-PUMP

今日は新たに11dを見つけてアップ。短しいルートらしい。とりあえずムーブは完成。そして自作は今日もつながらず。水色が2個出来ました。調子は良い方なのかな。
[PR]
by tom01h | 2006-10-17 23:48 | B-PUMP | Trackback | Comments(0)