<   2007年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ペンタックスフォーラム

雨で行くところが無いので、新宿のペンタックスフォーラムに行った。持ち込むと、その場でCCDのクリーニングをしてくれるとのことなので、お願いしに。結果、だいぶ綺麗になったけど、前から気になっていた、右上の点は取れませんでした。数日預かりで取れるとのこと。とりあえず放置して、またの機会に持って行くことにしました。
で、新宿に行くのは何かをしでかしそうで怖かったのですが、やっぱりやってしまった。気が付くとお財布の中身は減り、手には富士のFinePixS6000fdが。お買い得ではあったけど、やはり不要か?K10D+17-70mmと比べると重さ半分、コンデジ2台体制よりはちと重いか?続く
f0054075_17174268.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-09-30 17:51 | カメラ | Trackback | Comments(0)

天璋院篤姫

宮城谷作品を全部読んだ訳ではないけど、最初にこれと思ったものは全部読んでしまった。また読み返そうとも思うけど、少し別のを。日本史、何読んで良いか分からないから大河ドラマでも。
f0054075_20181065.jpg

香乱期は秦末から楚漢戦争の時代の、たくさんの人の登場する話でした。よく、秦以降の中国史はつまらないというけど、確かにそうなのかもしれないですね。中華は秦に滅ぼされたのかな。
[PR]
by tom01h | 2007-09-29 20:34 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

コンデジ2台体制

10月始めに4日間の縦走に行くつもりなのですが、K10Dは重いのでお留守番してもらいたい。コンデジ2台体制で行きたいけど、R7は出たばっかりで高くて、どうも手が伸びない。マクロは接写フィルターに任すとして、SONYやCANONの広角の弱い10倍ズームとか、オリ、パナ、富士の18倍とかに興味が行って、あげく、ネオ一眼1台体制もあり?って所まで行ってしまった。そして、いろいろ考えてR7に戻る(^^;
縦走はLX1だけで行こうと思うと、電池が持つ気がしない。が、電池の買い増しが良いのではないかって気がしてきた。R7は値段が落ちてから買いたい。
全く別件だけど、9/6に書いた水平表示、NikonのD3は出来るようですね。背面液晶だけど。
そして、もっと別の話だけど、金曜日にジムが休みなのは痛い。
[PR]
by tom01h | 2007-09-28 17:57 | カメラ | Trackback | Comments(0)

イスカ エア 450

冬用シュラフに続き、3シーズンのダウンシュラフを買いました。同じくイスカの-6度対応となっているものです。冬用でなければ防水は不要と思うので、ゴアではありません。5-6年使っている化繊シュラフからの買い替えです。だって寒いんだもん。テントの中が10度くらいになると起きちゃうくらい。そもそも、1枚張りテントが寒さの原因だと思うんだけどね。
f0054075_21211063.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-09-26 21:22 | グッズ | Trackback | Comments(0)

カシバード

カシミール3Dの機能、カシバードを使って、23日の槍と思われる朝焼けの写真を確かめてみた。すごいぞカシミール。
f0054075_9494010.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-09-25 09:49 | Trackback | Comments(0)

黒部ダム

黒部ダムまでは1時間もかからないので、5時半起き、7時出発で、8時過ぎの始発のトロリーバスで帰ります。黒部ダムには人っ子一人居ません、この景色独り占めです。でもなぜか、観光放水しています。
f0054075_2232469.jpgf0054075_22323678.jpg
そして、あっちこっち写真を撮っているうちに、立山には雲がかかってしまいました。帰りのバスも3人だけ、一番前に座れます。フロントガラスに車内が写っちゃっているけど、すれ違い場所で。
f0054075_2236698.jpgf0054075_22372618.jpg
f0054075_224509.jpgf0054075_22453217.jpgそして、扇沢から、さっさと帰路へ。温泉も、いつもの大町温泉ではつまらないので、ちょっと先まで走ったところで見つけたすずむし荘ってところに入ります。が、まだ9時半、開店は10時、近くの神社で時間つぶしました。温泉は、朝っぱらからなぜか人がいっぱいです。
温泉の後は、渋滞が怖いので、よそ見せずにまっすぐ帰りました。が、やっぱり渋滞しました。帰り着いたのは夕方の4時過ぎ、やれやれだ。
今回は、結局3日かけて(と言っても今日は1時間も歩いてないけど)山頂は1つも踏みませんでした。

もっと写真 地図 GDB
[PR]
by tom01h | 2007-09-24 16:55 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

針の木谷

前回、1時間じゃ出発できないのが分かったので、今回は4時半起き。朝焼けをチェックしながらの朝ごはん。峠の向きが悪いか、微妙にしか焼けません。右の写真の奥に見えるは槍でしょうか。
f0054075_19573193.jpgf0054075_19575787.jpg
そして、ほぼ予定通り、6時をちょっとすぎたところで出発。初めの1時間くらいは藪の中の下りでした。あまり人が通っていないみたいで、草をかき分けて行くんですが、朝露でビチョビチョになります。そして、沢まで出ると、そこはすばらしい景色が。と思ったのもつかの間、ほとんど沢登のような道もあります。右の写真に黄色いペンキ見えるでしょ。ここ通るんです。
f0054075_2062317.jpgf0054075_2054039.jpg
この後、どうしても越えられない滝に出会い、高巻き道を探します。なんか違う気もするけど行ってみた、違ったみたい、決死の高巻きになりました。が、無事通過。下から見ると、滝の横にペンキのマークがありました。でも、ありゃ無理だよ。
そして、本谷出会い。あっ、地図が無い、どっかに落としたんだ。まあでも、ここから谷沿い歩くだけだし。
f0054075_20201272.jpgそして、船窪からの道との出会いで、今日初めて人と会いました。新しく整備された巻き道のおかげで、だいぶ時間の短縮が出来るとの情報をもらいました。そして、巻き道は本当に歩きやすかった。登山道ってのはこうでないと。
そして、高巻き道が終わるとすぐに道を見失う。渡渉を繰り返しながら、どんどん下る。こんな渡渉ありえない、絶対に道から外れてる。ついには、靴を脱いでの渡渉までした。
f0054075_20372789.jpg途中、10時20分の渡し舟に乗れそうだと期待したけど、この道間違いで無理になった。そしてやっと登山道発見、最後の高巻きに入ります。すごく歩きやすいじゃん、やっぱり登山道ってのは…
ここで、今度は釣り人と遭遇。先客が居るので、針の木谷では釣れないとのこと。追い抜いて、平の渡しに先行。1時間半待ち。そこで釣りをしていた人と、追いついてきたさっきの釣り人の釣りを見てる。ここでも全然釣れないらしい。4人、1時間半で釣れたのはこれだけ。
船窪からの人たちも12時20分の舟に乗るって言っていたけどいっこうに来ない。と思っていたら、時間ぎりぎりに来た。やっぱり何度も沢を渡ったらしい。分かりにくいんだよね。で、僕より浅い靴を履いていたので、足がビチョビチョになっているように見えた。
そして、噂には聞いていた渡し舟。船長、釣りをしながら来ます。右の写真、見難いけど、釣竿出てるでしょ。結局釣れなかったけど。
f0054075_20461787.jpgf0054075_20465244.jpg
f0054075_219683.jpg平の小屋の親父はもう1便舟を出すらしくて留守、小屋はこいつが守ります。そっぽ向いてるけど。ここで水補給、ただで良かったのかな?
テントを張れるなら、ここで泊まっても良かったんだけど、無理なので、ロッジくろよんまであと3時間、足を伸ばします。船窪から来た人たちは五色が原まで登るらしい、あと4時間はかかるのに頑張りますね。
f0054075_21165291.jpgf0054075_21225064.jpg釣り人に教えてもらった通り、黒部湖沿いの道はアップダウンが多い。黒部湖に注ぐ沢をいちいち巻くのですごく遠回りさせられます。充分休んだからと思ったけど、すごく疲れた。この3時間は効きました。休みすぎも良くないのかな。登ったり下ったり、あっち行ったりこっち行ったり。途中、黒部湖が見えると和みます。観光船は、すごく大きな音を立てて走り過ぎます。
f0054075_21253558.jpgf0054075_21261080.jpg
かなり疲れていたとはいえ、そんなにペースダウンしたつもりは無いのに、ちゃんと3時間かかりました。どう言う事だよ。そして、たどり着いたテント場は、キャンプ場といっていいくらい綺麗。これなら1000円払ってもいいよ。でもここ、本当はロッジくろよん管理でないんじゃないの?小屋の人に500円払っちゃったよ。で、今夜は疲れすぎたので、食欲無くって、パンだけ食べておやすみなさい。まあ、明日の行程は1時間も無いから良いよね。
[PR]
by tom01h | 2007-09-23 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

針の木雪渓

針の木谷の旧道が整備されたと言う噂を聞きつけて、扇沢から黒部ダムまで歩いてみることにしました。
f0054075_18542921.jpg早朝割引に間に合う時間に出てきたけど、到着時間考えて無かったよ。大丈夫?と思ったけど、9時前には到着。駐車場は有料のしか空いてませんでした。僕は1泊500円だけど、車は1日1000円。5時間の上りだし、まだちょっと余裕あるので、ますのすしを食べてから登ることにしました。9時過ぎ上り始め。
f0054075_1914715.jpgf0054075_1923565.jpg上り始めてちょっと、下りて来る人から、”雪渓全然無いよ。巻き道で登ったり下りたり大変。”なんて嫌な話を聞きました。まあでも、ひたすら上ります。雪渓あるじゃん。確かに、雪渓の上を歩くことは無かったけど。
f0054075_19155963.jpgこれが最大の巻き道。かなり長い岩場登りでした。小さい点々の人見えるかな?
そしてこの後がひたすら登る。どこまでも登る。すぐ前によろよろ登っている人がいるけど、いっこうに追いつきません。やっと峠に着いたのは1時過ぎ、コースタイムよりだいぶ速いな。で、1時までに峠に付いたら針の木岳往復しようと思っていたけど、疲れたのでやめました。
今日は時間もあるし、ちゃんとご飯作ります。標高2500mでご飯炊くの初めてだっけ?ちょっと芯あります。テント場は、吹きっさらしで、ちょっと寒かったけど、平らですごく快適でした。本読んだり、明日のこと考えたりしながら、8時前には寝ちゃいました。左は明日行く道。右は、奥のほうに見えるのが鹿島槍だと思う。
f0054075_19445463.jpgf0054075_19452946.jpg
[PR]
by tom01h | 2007-09-22 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

小絞りボケ続き

書くネタが無いと、より突っ込んだ話で引っ張ったりして。
FJさんも教えてくれたここを何度も読んで、小絞りボケの原理はちょっと分かった気になっています。で、やっぱり気になるのは、携帯電話のカメラ。すでに小絞りボケの領域なのじゃないかと思って調べてみました。すると意外や意外、5Mピクセルのカメラモジュールって、センサのサイズが1/2.5インチもあるのですね。小さいコンデジと同じじゃん。でもレンズはF3.5と暗いそうで、レンズの精度とかを気にしないと、同じ1/2.5インチでF2.8の8Mピクセルのコンデジと、ピクセルあたりの小絞りボケの影響は同じくらいになりそうです。まあ、そんなことを気にしないでいいくらい、諸収差の影響が大きいと思いますが(^^;
で、今日知った半導体製造技術の一つが、液浸露光技術。65nmプロセスで使っている波長の光のままで、45nmプロセスを作る技術として、最近の話題みたい。半導体露光装置の投影レンズとウエハーの間を超純水で満たすと、1.44倍細かい線が引けるそうです。デジカメごときに使える技術じゃないのかな?
[PR]
by tom01h | 2007-09-21 18:54 | カメラ | Trackback | Comments(0)

香乱記

さすが、宮城谷さんの本は詳しく調べてますね。項梁が立つ前の話まで、ここまで書くとは… ただ、乱立しているときの話は発散するので、読みにくい。でも、やっぱり面白くて寝不足気味…
f0054075_2121444.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-09-20 21:21 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)