<   2007年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

山を歩くと体重が減る

クライミング用の筋肉が落ちただけかもしれませんが。
f0054075_11504623.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-10-31 11:51 | 体組成 | Trackback | Comments(0)

T-WALL

長めの4Qでアップ。覚えながらやると何便も撃つことになるので、アップにちょうど良い。そして、きんさんに3Qに混ぜてもらう。難しかったけど出来ましたよ~。やっぱり先に右出して、左マッチでした。コーナーに入り込んで、右脇を締めるとマッチできました。でも最後が遠いよ。そして、スラブ5Qを紹介される。ムーブを見ちゃったので、数便で出来たけど、ムーブ解決が面白いらしい。5Qは厳しいです。その後、緑猪の3Qを後一手で逃した。
帰りにセブンイレブンで衝動買いしてしまった…
f0054075_22462840.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-10-30 22:47 | T-WALL | Trackback | Comments(2)

ライブビュー

パナのライブビュー一眼が発売されてますね。ライブビュー撮影のときも、ミラーがパタパタするとか。そして、シャッターを押してもいつ撮れるか分からない… 何のためのコントラストAF/AEなんでしょうかね。全く分かっていない。
S6000fdを使うたびに、手持ちマクロのときのライブビューの便利さに身がしみているのですが… でも、あのボケではS6000fdにマクロは任せられないし。やっぱり、まともなライブビュー一眼が出ると嬉しいんだよね。どうせすぐには買えないから、出るのは先でも良いんだけど。
そしてペンタックスは、会社としては存続しないことが決まってしまった。まあ、ブランドが残るなら良いか。
[PR]
by tom01h | 2007-10-29 21:44 | カメラ | Trackback | Comments(0)

大菩薩

春に行った大菩薩の石丸峠への道、紅葉したら綺麗だと思ったので、この時期にもう一度行ってみることにしました。が、上日川峠への道は通行止め、上日川ダムのほうからのアプローチも面倒だし、歩くの長くなるけど、裂石から歩くことにした。展望も期待して、朝一のバスに乗れる時間に出発。
f0054075_2247131.jpg紅葉は、期待が大きすぎたせいか、なんかちょっと… 探せば綺麗な木もあるんだけど、全体的に茶色。赤とか黄は少ないです。それでも茶色い松葉がひらひら舞っていて綺麗。家帰ると、部屋が散らかるんだけど。
そして、上日川峠までは、それなりに人も多く、なぜかレース状態。でも、石丸峠への道が分かれると誰も居ない。皆分かってないな、こっちの道が綺麗なのに。
そして、石丸峠が近づくと突然展望が開けた。富士山の冠雪は先週よりだいぶ進みましたね。f0054075_22574111.jpgf0054075_2304010.jpg
大菩薩峠まで行くと、さっきに増してすごい人。そして、ススキの原っぱが綺麗。台風の影響で風が強かったので、あえてススキは流して撮影。ピシッと止まった物が無いとコントラストが無いですね。晴れていて明るいので、普通に撮ると止まります。
f0054075_23114638.jpgf0054075_23125316.jpg
峠からの景色は、南アルプスの展望がすばらしい。分割スクリーンで、水平も出し易くなりました。
f0054075_10573384.jpg

峠で長めの休憩をとって、しょぼい山頂はスルーして丸川峠へ。この道もまた行く人は少ないです。途中の道はいまいちでしたが、丸川峠の景色も、また、すばらしい。真ん中辺しか行かない人たち、もったいないですよ。
f0054075_10573953.jpgf0054075_23233715.jpg
下りの道も、やっぱり全体的には茶色かったり、まだ緑だったりするけど、探せば黄色や赤の綺麗な木も。そんな中、ほとんど白くなった葉っぱも目立っていました。写真よりも白かった印象があります。こんな木が、結構いっぱいあって綺麗でした。
f0054075_23304162.jpgf0054075_23313935.jpg
一面の赤や黄、は、近場の山では無理そうですが、晴れた日に、赤、黄、緑に光る葉っぱの下を歩くのもいいものですね(信号か?)。 もっと写真 GPSログ 地図 GDB
[PR]
by tom01h | 2007-10-28 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

フォード GT40

明日は晴れるといいけど。
f0054075_19543386.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-10-27 19:58 | グッズ | Trackback | Comments(0)

天馬、翔ける

源平合戦のお話。薩摩燃ゆに続いて、安部龍太郎さんの本。
f0054075_14202271.jpg

薩摩燃ゆは面白かった?微妙だけど、読みやすかったのは事実。読むのが早かったので、面白かったのかなぁ。ということで、もう1冊安部さんで行きます。
[PR]
by tom01h | 2007-10-26 12:54 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

T-WALL

雨降らなくて良かった。今週も登れないところだったよ。
で、先週出来なかった3-4Qの紙を発見。出来ました。同じ紙の3-4Qをもう1個登って、別の紙の3Q。のつもりが初段だった、出来ない、当たり前か。その後3Qに混ぜてもらうけど、指皮が終わってました。このペースだと、指皮が育たない。
[PR]
by tom01h | 2007-10-25 22:43 | T-WALL | Trackback | Comments(0)
K10D用のフォーカシングスクリーンの分割マットタイプを買いました。これで、右肩上がりが直ると良いけど。
f0054075_2334445.jpg

[PR]
by tom01h | 2007-10-23 23:34 | カメラ | Trackback | Comments(0)

S6000fdのテレ端(300mm相当)+デジタル2倍ズーム(600mm相当)。
左はそのまま、右は2倍テレコン付き。同じ大きさになるようにトリミングしました。テレコン駄目じゃん。
f0054075_2056929.jpgf0054075_20564481.jpg
高倍率ズームと併用は駄目って書いてあったけど… 無限遠にピントが合わないって落ちとかあるかな?
[PR]
by tom01h | 2007-10-22 20:58 | カメラ | Trackback | Comments(0)

倉岳山

富士山の冠雪が遠望できるようになったと聞いて、富士山を見に行きました。大月市の指定する秀麗富岳12景から倉岳山-高畑山-九鬼山をつなぎます。
f0054075_21212396.jpgf0054075_212222.jpg
f0054075_2124048.jpgf0054075_21244593.jpgまずは、沢沿いの登り。おや?新緑?初夏の雰囲気か?と思ったけど、草は秋でした。そして結局、倉岳山の山頂でしか見れなかった富士山。ちょっとだけ白いでしょ。
この道は、いつも見る花がまとまって咲いている、と言えばよいか、枯れた花と並んでないと言うか、非常にいい状態。が、先を急ぐし、見慣れた花なので、たいして写真も撮らずに先へ。
そして、このコースは、どーんと登るとかは無いんだけど、細かいアップダウン、しかもすごく急なのが連続します。そして、高畑山を過ぎると道はさびれ、さらに、鈴ヶ音峠を過ぎると足元が見えないくらいの草。しっかりとした踏み跡はあるけど、先が見通せないので、いかにも迷いそうでした。
f0054075_2129047.jpgf0054075_21294630.jpgそして、偽の九鬼山へ到着。1時間くらい早過ぎる。それに、どう見たって富士山の展望のある山ではない。そして、このピークから先に道らしきものは無い。やっと道を発見してたどってみると、しっかりした道になりました。これが登山道なのは間違いなさそうだが、さっきのが九鬼山ならこの道は行きたい方と違う。しかも、どんどん下るので、やはりさっきのが九鬼山?仕方なく、さっきのピークまで戻る。道しるべには、"九鬼山こっち"の矢印らしきものの完全に消えた跡が見える気もする。しかも、標高が地図にあるものより全然低い。やっぱりこれは、途中のピークだ、さっきの道を進もう。で、どんどん行くと、前方に大きな山が。あれが九鬼山だな。で、禾生駅からの道と合流すると、立派な登山道になりました。これだからマイナーな山は嫌いだ。右下は禾生駅近くの風景。紅葉すると綺麗そうだ。
もっと写真。GPSログ 地図 GDB
f0054075_21372278.jpgf0054075_21382089.jpg
[PR]
by tom01h | 2007-10-21 21:22 | 山歩き | Trackback | Comments(0)