<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

T-WALL

昨日と今日は雑用の日。でも、今日は登りにも行った。3~4Qでアップのつもりが、ゴールが取れない。何度かやって諦め。最近このパターンが… で、長い宿題の3~4Q。結構いいところまでは行くんだけど、今日もやっぱりスタミナ切れ。1日に登れる量が少なすぎです。そろそろ帰ろうかと思ったら知り合いが来た。アップでやった3~4Qを一緒にやる。やっぱり出来ない。うす被りに移動して3本。どれも登れませんでした。
f0054075_2322081.jpgf0054075_2325592.jpgさらに、魚眼訓練の散歩も。いまいち面白い写真が撮れません。単なるワイドマクロなら、コンデジで良いんだもんなぁ。液晶見ながら撮れる分、コンデジのほうが便利そうだし。値段のこなれたR8欲しいな。ちっこいイメージセンサーだと、ボケはどうなのかなぁ。本格的なズームマクロって、面白そうなんだけど。
f0054075_2332217.jpgf0054075_234171.jpg
f0054075_2313514.jpgf0054075_2343570.jpg他に、昨日はスタッドレス、今日はスキー板を片付け、もう冬は終わり。
[PR]
by tom01h | 2008-04-30 23:10 | T-WALL | Trackback | Comments(0)

新太平記

この物語は、最初から飛ばしてますね。いきなり面白くて、どんどん読み進んでます。大きな出来事が2つ混じっているからかな。それにしても、楠木や新田の勤皇精神の高さはなんなんでしょう。本気で、天皇中心の世が、太平の世と信じていたのでしょうか。何で、力の無い者に、世の中を治められると思ったのだろう。
f0054075_19131540.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-29 19:47 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

早月尾根

今日は下りるだけ~。楽ちんな行程です。でも、やっぱり朝からガス&強風。これは、ゴールとともに快晴になるパターンに違いない。結構な距離下りますね。しかも、意外と登り返しも。って、リフトあるじゃん。知らなかった。
f0054075_12163979.jpgf0054075_12171420.jpg
10時頃に室堂で解散。室堂山荘で、余韻に浸りながらたっぷり休憩して、お風呂に入ってから帰りました。帰る頃は快晴でした。残りは、アルペンルートの景色です。
f0054075_12233226.jpgf0054075_1224160.jpg
f0054075_12243290.jpgf0054075_122515.jpg
アルペンルートは、東アジアの金持ちどもでいっぱいでした。
[PR]
by tom01h | 2008-04-28 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

早月尾根

朝になっても、風は止みませんでした。でも、登っているうちに回復することを祈って。
f0054075_10572934.jpgf0054075_10581025.jpg気温がそれほど低くない以外は、まんま雪山。この風の強さは、全くの想定外でした。昨日はアイゼンなしで小屋まで登ってきたのですが、今日ははじめからアイゼン。そして、ロープはまだだけど、ハーネスも最初からつけます。登りは昨日に増して急です。しかも、アイゼンがあまり刺さらないくらい硬いところから、雪が柔らか過ぎて、地面ごと崩れちゃうようなところまであります。そんな訳で、結構早いうちからロープを付けることに。アンザイレンは、自分の好きなペースで歩けないのが辛いですね。すごく急な坂ものんびり上るので、ふくらはぎがすごく疲れます。短い登りは、一気に登っちゃえば良いのに。
f0054075_1193415.jpgf0054075_11102952.jpg
今日は、時々晴れ間が覗きます。ほんの一瞬。そしてまた、ガスの中に。でも、その一瞬に見える景色は最高でした。惜しいことに、山頂では、頭上しか晴れませんでした。おかげで、見えるのは空と雲だけ。これでは、どこの山だか分かりません。しかも、山頂直下は雪が多かったみたいで道が広く、視界も悪かったので、いわれるまで山頂に着いたことに気が付きませんでした。そんな訳で、なんか、ちょっと、感動が足りない。急な雪壁は結構怖かったけど、岩場がほとんど無かったのも効いてるのかな。f0054075_11231221.jpgf0054075_11234876.jpg
下りは安全策をとって、平蔵谷から、剱沢の登り返しコースになります。でも、平蔵谷の上部はものすごく急な下りです。しかも、雪が腐っていて、いつ足場が崩れるかドキドキです。怖い上部を過ぎると、比較的緩やかな下部。ここは、いつものシリセード。こんなに長いシリセードは初めてです。ははっ、たのし~。
f0054075_11311925.jpgf0054075_11315713.jpg
そして、恐怖の剱沢上り返し、2時間半コースです。もう無理です~。しかも、剱沢小屋、まだやっていないし。早月小屋の親父にだまされました。う~ん、辛い。やっぱり10時間越えは無理です。一気に疲労が来ます。あえぎにあえいで剣御前小舎に到着。夕食後は、一気に酔いがまわって、すぐに寝ちゃいました。
[PR]
by tom01h | 2008-04-27 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

早月尾根

C&Cのツアーで剱岳早月尾根に2泊3日で行きました。数年前に、雨で敗退した剱岳。まさか、雪の早月尾根でリベンジするとは思いませんでした。
f0054075_8165076.jpgf0054075_816562.jpg雪は思ったよりも多く残っていて、下のほうでも地面の出ているところは余りありません。少しだけ出ている所では、地面から桜みたいのが咲いていました。
天気予報は曇りのち雨。雨が降る前に着けちゃいそうなくらいの予報。一瞬の晴れ間から、北方稜線が見えたりします。
f0054075_8211771.jpgf0054075_8215869.jpg予報はあっさり外れ、歩き出すと、すぐに雨になりました。下のほうは、まだ気温も高いので、ウェアを着ると暑いです。今日は、とにかく登ります。ずんずん登ります。夏道ってどうなんだろうって位の急なのぼりです。最初から最後まで、ずっと急なのぼりです。が、今日のみんなの調子はすごく良く、約1500mの登りを6時間くらいで登り、午後2時前には小屋に到着しました。その間、ずっとガスでほとんど展望無し、たまに雨がぱらついていました。見えるのは、併走している小窓尾根だけです。小屋に着くとチラッと晴れ間が出ました。明日行く道のりも見えます。
f0054075_8352753.jpgf0054075_8441710.jpg
f0054075_848187.jpgf0054075_8483222.jpgそんな晴れ間もつかの間、小屋に入って1時間もしないうちに、強風&氷混じりの雨。良かった、こんな中歩くのはすごく辛いぞ。
そして、今日の早月小屋の泊まりは、我々だけ。睡眠不足のため、夕食まで仮眠しました。そして夕食時、また、一瞬の晴れ間に夕日が見えました。でも、そのまま、雲の中に沈んでいきました。夜はすごい風、やっぱり小屋泊はいいね。でも、明日までにちゃんと止むのかな。
[PR]
by tom01h | 2008-04-26 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

新太平記

鎌倉と室町の境目の話。いろいろと見ていると、戦国以外の時代の変わり目、源平の頃も、鎌倉の最後も、江戸の終わりも、昭和軍事政権の終わりも、朝廷の元に、時の権力を倒す力が集まっているんですね。まあ、勝っても、朝廷を中心とした政治にはなってなかったりもするけど。こんな朝廷の力って不思議です。日本独特?でも、ローマ法王も似たようなものなんでしょうか。よく知らないんだけどね。
f0054075_0175538.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-25 10:36 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

お得意様

最後の1個と思って、Rspyderを選びました。レジで、いつもありがとうございます。全部そろいましたか。良かったら、もう1個選んでください。って事で、RKcoupeも、おまけしてもらいました。良い赤です。コンビニにも、こんなサービスあるのですね。
f0054075_0211723.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-24 00:25 | グッズ | Trackback | Comments(0)

リラックママグカップ

ローソンで、パンを買ったおまけでもらいました。コーヒー飲むには、ちとでかすぎです。
f0054075_091858.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-23 00:10 | グッズ | Trackback | Comments(0)

熊本城

うわもの完成
f0054075_23355266.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-22 23:36 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

織田信長

信長は、本当に勤皇精神が高かったのでしょうか。安部さんの本を読んだ後では、信じられませんね。史上、数えるほどしかいない、朝廷に取って代わろうとした人だと思いたいです。本能寺は、明智単独犯説でした。一生分書いてあるため、安部さんの本でこってり書かれている分が、いやにあっさりだったのが拍子抜け。でも、しょうがないよね、一生分なんだから。
f0054075_11544245.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-04-21 12:00 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)