<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

だいぶ形になってきた。
f0054075_21504390.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-10-31 21:51 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

T-WALL

今日は普通に行けた。飛龍山3本がアップ代わりにならずに、ほぼ本気で登る。で、脱水症状。今日は伸びが無くて、核心の一手が届かない。あきらめて長物の両神山を途中からやる。全部で12b、途中からで12aなんだけど、さらに途中からやったので11のどこか。のはずが、すごく難しい。しばらくこれをやってみようと思います。
[PR]
by tom01h | 2008-10-29 23:03 | T-WALL | Trackback | Comments(0)
メインのドームを作ります。でも、塔の先っちょの小さい部品は後回し。
f0054075_2342442.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-10-28 23:56 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

孟夏の太陽

宮城谷さん再読シリーズ。春秋時代の晋の趙家の短編4作です。歴史の流れを追うよりも、登場人物の個人に重きを置いた作品集らしい。ただ、この時期はいろいろな事が起こりすぎです。流れをつかむのは僕には不可能。主人公の個性を追っかけましょ。
[PR]
by tom01h | 2008-10-27 11:19 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)
ドームは後回しなんですねぇ。まずは周りから攻めます。
f0054075_1934895.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-10-26 19:34 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

T-WALL

今週は平日にいけなかったので、今日行っときます。4Qだったか?誘われてアップに登って、宿題の岡野3Q。疲れてなければ登れます。で、同じく宿題の誤算3Q。やっぱり疲れてなければ登れます。今日調子良い。3Qを1個登ったあとに、結構前の宿題、脱水症状2~3Qをやってみる。忘れてる。思い出した頃には疲れた。嫌なムーヴを体に覚えさせて今日はおしまい。指皮痛いし。
[PR]
by tom01h | 2008-10-25 19:03 | T-WALL | Trackback | Comments(0)
超久々に作る気になりました。が、すごく細かくて難しい…
f0054075_2211355.jpg

[PR]
by tom01h | 2008-10-23 22:12 | ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)

まるいち的風景

水戸黄門的、えって言うくらい簡単にハッピーエンドと、少女マンガ的な絵が気になったけど、結構面白いですね。お手伝いロボットのために人とのコミュニケーションの機会が減ってはいけなくて、出来た時間で今まで以上にコミュニケーションとをる必要があると。
f0054075_2149225.jpg
メールのおかげで必要な連絡を楽に取れるようになりました。実際に会うことも電話で話すことも必要ありません。なんて人には注意が必要ですかね。
[PR]
by tom01h | 2008-10-22 20:14 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

石橋を叩くと日が暮れる

慎重すぎると目標達成が間に合わない、速さも重要という意味。孫子の兵法にも巧遅は拙速に如かずとあります(こっちは本当)。登山の安全も、装備を充実させるのとは対極に、軽い装備で速く移動するという考えもあります。日本では速さの重要性が軽視されている気がするのは僕だけでしょうか?信玄は知っていたよね。
でも、孫武(孫子)は拙くて速いほうが巧くて遅いよりはまし。しかし、どちらでも勝てない。巧くて速い将を新たに雇うべきです。って進言したんですけどね(これは海音寺さんの小説から)。
[PR]
by tom01h | 2008-10-21 21:13 | Trackback | Comments(0)

まるいち的風景

だいぶ前に書かれた少女マンガなのですが、文庫サイズの漫画になって再登場、ちょっと話題になっていたので読んでみました。
f0054075_2123933.jpg
まるいちは行動トレース型ロボット。感情もないし会話も出来ません。オーナーが見本を見せると、次から同じ動作をしてくれます。有名な言葉を引用しておきます。”泣くのも笑うのも君(人)の仕事だから。まるいちの仕事じゃないから。いらない機能はつけなかったの。”
[PR]
by tom01h | 2008-10-20 21:03 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)