<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ローソンデザート

またしても根拠のないご褒美。とっても食べにくいけど美味かったです。
f0054075_21343916.jpg

[PR]
by tom01h | 2011-06-29 21:34 | Trackback | Comments(0)

T-WALL

またしても2ヶ月ぶりになっちゃいました、久々のT-WALL。クライミングを始めた頃からお世話になっていた、kんのさんがお引越しとの事で、挨拶がてらに。明後日の送別会、行けなくてごめんよ~。で、適当に5Qくらいを登る。が、いまいち登れん。まあ当然か。挨拶ついでに宿題ももらいました。それでは達者でな~。
[PR]
by tom01h | 2011-06-28 23:59 | T-WALL | Trackback | Comments(2)

三つ峠

天気予報が最悪だったのでかなり気持ちがなえていたのですが、直前に予報が好転、行ってみることにしました。朝のうちは展望全く無しの曇り、でも登り始めてからは降られることはありませんでした。木無山に着いても全く晴れる気配なし。まあ、はなっから期待してなかったけど。で、期待の花。この写真よりかは咲いていたけど、思ったほどじゃなかったかな。三つ峠山のほうへ行くべきだったか?でもそれではつまらないので、天上山まで延びる尾根を行きます。
f0054075_23472876.jpgf0054075_23473810.jpgf0054075_23474617.jpg
徐々に天気も良くなってきて、徐々に標高を落としていくので、結構暑くなりました。風が涼しいのは、かなりの救いでしたけど。そして、天上山に着く頃には、富士山が見えるほどまで晴れてきました。天上山と言うか、ロープウェイの駅は、思った以上に人がいました。しょぼい公園と思っていたんですけどね。
f0054075_015021.jpgf0054075_02148.jpg
帰りの高速は、1000円終わったのに混んでました。
[PR]
by tom01h | 2011-06-26 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(4)

PENTAX Q

前々から噂はあったけど、本当にレンズ交換式コンデジを出してくるとは… ただこれって、今後システムを拡充していくって類のものじゃないですよね?秋には別のミラーレスが出るとか言っているし。
絞り固定、AF出来ない3本のユニークレンズシリーズを見ていると、ボディーの高さが際立ちますね。たくさん売る気無いでしょうから、値崩れも期待できないかな?ユニークボディーも出して欲しいなぁ。AF無し、絞り制御無し、安っぽいボディーでも良いし… なんて思っていたら
f0054075_15143397.jpg





やっぱり無理でした。
f0054075_15153179.jpg

[PR]
by tom01h | 2011-06-25 18:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)

風は山河より

新三河物語を読んで、清康のことをまったく覚えていないことに気づいたので再読です。とりあえず1巻。がしかし、これはハードル高い。まったく覚えていないわけです。
[PR]
by tom01h | 2011-06-21 23:32 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

平標山

花の山、平標山へ行きました。この時期に花の山へ行くのは、花のいい季節だからなのか、天気が悪くても楽しめるからなのか…
f0054075_22213466.jpgf0054075_22214819.jpgそして、やっぱり微妙な天気予報ですが登り始めます。ネットの情報通り、すごい階段です。3度目ですが、よく覚えていませんでした。で、最初のうちは蒸し暑い。曇っていて今にも降りそうな天気です。これで晴れていたら、耐えられない暑さでしょう。
順番前後しちゃうんですが、左はシラネアオイ(?かな)。で、下がハクサンイチゲ。もの凄くたくさん咲いていました。奥のほうはイワカガミです。これもたくさん咲いています。
f0054075_22292911.jpgf0054075_22294050.jpg
この頃にはすでに雨が降り始めていて、しかもどんどん強くなりました。こんな大雨の登山は久しぶりです。まあ、これだけたくさん花が咲いているのも始めて見たのがなぐさめかなぁ。展望もよさそうな地形ですが、当然何も見えません。お花畑の中を下だけ見て歩きます。やっぱり靴の防水が駄目になっているようで、すでに靴の中はびちょびちょです。山頂を過ぎて、非難小屋でたっぷり休憩。今日は非難小屋大混雑。と思ったら、1つの大きな団体でした。
で、このあとの下りがすごかった。とにかく長い階段。ひたすら下ります。こんな道だったっけなぁ?
f0054075_22443742.jpgf0054075_22444528.jpg
とにかく花は綺麗でしたが、結構疲れて大変でした。でもやっぱり、この山に人気の理由が分かった気がします。
[PR]
by tom01h | 2011-06-18 23:59 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

鋸山

天気予報が好転したので、鋸山に行きました。まずはロープウェイで登ります。天気が良ければ展望も良かったのでしょうが…
f0054075_20532373.jpg
f0054075_20541097.jpgf0054075_2054521.jpgf0054075_2104247.jpg
f0054075_211668.jpgそして、山頂の地獄のぞきを目指します。ここから先は有料なんですね。まあそれは良いとして、かなり蒸し暑いですが緑がきれいでした。良くこんなに削ったねぇって感じの切り通しを行きます。山頂直下には百尺観音がいました。こっちも感心しちゃうくらい大きな削り出しです。
そして有名な地獄のぞき。柵あるし、行ってみると見た目ほど怖くありません。そして、山頂付近はしばらく絶壁です。
f0054075_216922.jpgf0054075_2161754.jpg
f0054075_2172629.jpgf0054075_2173623.jpgそしてこの先は、石彫りの仏様がいっぱい。たくさんの首が落ちちゃっているのが残念ですね。廃仏毀釈のせい?困ったものです。大仏と多くの石仏は、18世紀後半に作られたみたいです。何のために作ったのかは書いてません。この情熱はどこから来たのでしょうか?
そのまま表参道に下山して、電車でスタート地点へ。海の見える温泉へ寄ってから帰りました。都心を抜けたのに渋滞もなく快適。しかし首都高、僕には運転できる気がしません(--;
[PR]
by tom01h | 2011-06-12 21:19 | 山歩き | Trackback | Comments(0)

RED ・ 曲がれ!スプーン

雨の予報の週末で予定無し。そんな訳でDVDを借りに行きました。実は前の雨の週末にも行ったんですが不発で…
まずは大好きなブルースウィリスのRED。ブルースウィリスには裏切られることはないけど、期待を超えることもないような。良くも悪くも期待の通り。面白かったですよ。
そして、棚にあるのがなんとなく気になった、長澤まさみさん主演の曲がれ!スプーン。演劇風です。ってか、元が演劇なのかも。テレビドラマで良いんじゃないのってのが、ほとんどの邦画と一緒ですが、ほのぼのしていて面白かった。
[PR]
by tom01h | 2011-06-11 22:40 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)

北山公園

今年も花菖蒲の時期がやってきました。正直ちょっとだるいんだけど、新しいカメラもあるし、50-150も使ってみたかったので行ってきました。
f0054075_17323086.jpgf0054075_17325858.jpg
昨日から急に暖かくなったせいか、状態のいい花が多くあります。そして左下は、今年初めて見るような気がします。
f0054075_17353919.jpgf0054075_17355234.jpg
これに限らず、今年からの新種がいくつかあるみたいです。が、正直見分けが付きません。
f0054075_173852.jpgf0054075_17381480.jpgまだちょっと早かったのか、全体的に花が少ないですが、たくさん咲いている場所もあります。来週に行ってみると、たぶん満開でしょうね。ここはしおれた花をこまめに摘んでいるようなので、比較的見た目の綺麗さも保たれます。
徐々になのか、今年は特になのか分かりませんが、今までと違って、凄くお祭りムードが漂っていました。だいぶ力が入っているようです。
f0054075_17431371.jpgf0054075_17432417.jpg
f0054075_17471366.jpgf0054075_17435014.jpgf0054075_1745440.jpg
[PR]
by tom01h | 2011-06-05 17:47 | 公園 | Trackback | Comments(0)

赤岩尾根

もうすでに暑いかも?と思いつつ、赤岩尾根のリベンジです。今回は、WEBでしっかり情報を集めてからの挑戦。天気が良すぎて霞んでますが、ニッチツから見た赤岩岳です。で、前回と同じ道を使って稜線まで。稜線上は、アカヤシオ(だと思う)が綺麗に咲いていました。遅くないですかね?
f0054075_23225857.jpgf0054075_23231944.jpg
赤岩岳は、調べた通りに北へ大きく巻く道で登ります。テープがかなりたくさん付いていてわかりやすい道でした。しかし、ここで追いついた先行者は違う方向へ進んでいきました。すぐに気づいて戻ってきましたが、この人、後で分かったのですが、赤岩岳直登の道辺りでさんざん迷ったみたいです。しばらく、付かず離れずで行きます。赤岩岳からは、大ナゲシの方向が良く見えました。
f0054075_23313814.jpg
f0054075_23425341.jpgf0054075_2343485.jpgしばらくやせ尾根を行くと、1583前衛峰に出ます。左のロープを使って登るとの事でしたが、岩が濡れていて、100%ロープに頼った登りになりました。真っ向勝負のほうが登りやすそうに見えましたが、上まで抜けられる保証がないですし…
で、有名な1583峰の写真。前衛は見渡せる場所がないのですが、こちらは全景が見えます。なるほど、同じ写真を良く見かけるわけです。こっちは、大きく右から巻きます。不安になるくらい大きく回りこむと、もうちょっと、って感じの短いトラロープが何本もかかっています。無くても行けそうなロープをつなぎつつ行くとピークに出ました。特別に難しいのはここまでとの事でしたが、想像以上に大変でした。ここら辺ですでに、両神まで行く気持ちが萎え始めています。
P4,P3はあっさり通過。ちょっと曇り始めていますが、P2からの両神山の景色です。
f0054075_23555052.jpg
f0054075_16544373.jpgf0054075_1655152.jpgP2の登りとP2とP1の間には、またしても岩場がありましたが、これまでと比べると、それほど怖いことはありません。そしてP1到着。時間的には両神山ぎりぎりな感じですが、気力と飲み物が足りそうもありません。八丁峠から降りることにして、ここでたっぷり休憩しました。さっきの人と、大ナゲシも回ったって人としばし雑談。そして追い越されました。八丁峠からのたった30分の下りが長く感じられます。P1で休みすぎたのかな?
帰り道はとっても爽やかだったため、正丸から青梅に抜ける道をドライブして帰りました。
[PR]
by tom01h | 2011-06-04 23:31 | 山歩き | Trackback | Comments(0)