雑多な趣味の記録帳

tom01h.exblog.jp

tiny-dnn

C++ 言語で記述されたニューラルネットのフレームワークの tiny-dnn を試してみようと思います。
まずはお試しにと思って MNIST の例題をコンパイルしてみようと思ったけど、エラーでコンパイルできない…
どうすんのこれ?と思って途方に暮れていると、Beginner's guide 発見。
書いてある通りに
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -DBUILD_EXAMPLES=ON ..
Makefile が出来た。いっぱいコンパイルするのも大変なので
$ make example_mnist_train
$ cd examples
$ ./example_mnist_train --data_path ../../data/ --learning_rate 1 --epochs 3 --minibatch_size 16 --backend_type internal
なんか動いた。でも、何でも自動でやってくれて、便利なんだけどわけわからないです。下のようなファイルがあったので参考に
build/examples/CMakeFiles/example_mnist_train.dir/flags.make
examples/mnist で直接↓でも出来ました。
$ g++ -pthread -msse3 -mavx -Wall -Wpedantic -Wno-narrowing -Wno-deprecated -O3 -DNDEBUG -std=gnu++14 -I ../../ -O3 -DCNN_USE_AVX -DCNN_USE_SSE -DDNN_USE_IMAGE_API train.cpp -o train
ちなみに、WSLのUbintu上の話です。
f0054075_12174370.png

[PR]
トラックバックURL : https://tom01h.exblog.jp/tb/29920932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tom01h | 2018-07-08 23:59 | Trackback | Comments(0)