2018年 03月 02日 ( 1 )

Zynq を載せた ArtyZ7 では、SD カードアクセスに FatFs というフリーソフトウェアを使用しています。SDK から Arm のソフトで使うには難しいことを考える必要はないのですが、RISC-V から使おうと思うとソースを自分でリンクしてあげなくてはなりません。また、FatFS 用に Zynq PS の SD マクロにあわせた下位レイヤの関数を準備してあげる必要があります。そもそも Arm で動いているのだからどこかにあるだろうと思って探ってみました。
あった。Xilinx/SDK/2017.4/data/embeddedsw/lib/sw_services/xilffs_v3_7/src の diskio.c が下位レイヤの関数で、ff.c がFatFs 本体みたいです。こいつらを使うと、ArtyZ7 上の Arm 以外の CPU からも SD カードにアクセスできるはずです。

[PR]
by tom01h | 2018-03-02 21:01 | PCとか | Trackback | Comments(0)