雑多な趣味の記録帳

tom01h.exblog.jp

2018年 07月 15日 ( 1 )

Petaliunx Tool を使ってみる (失敗 WSLでは出来なかった)

Zynq の上で tiny-dnn が動いたので、FPGA にオフロードする方法を試してみます。
いろいろ漁ってみたけど、この人 を参考にするのが良さそうに思います。
まずは 8日目 の Linux 作成から。

結論から言うと WSL 上では Petalinux Tool は動きませんでした。
念のため、到達点をまとめておきます。

Petalinux Tool を ここ に従ってインストールしました。
ちょっと違うのは、apt install の前に
$ sudo dpkg --add-architecture i386
$ sudo apt update.
apt install, mkdir してインストールしようと思うと、WSL だとメモリが云々いわれるので…
$ ./petalinux-v2018.2-final-installer.run /opt/pkg/petalinux/
bash: ./petalinux-v2018.2-final-installer.run: Cannot allocate memory
$ /bin/bash ./petalinux-v2018.2-final-installer.run /opt/pkg/petalinux/
いくつか足りないパッケージを指摘されたので、追加でインストールします。
結構時間がかかりましたがインストール完了。

次に、先の 8日目の ”PetaLinuxツールでLinuxイメージを作る” を追いかけます。
が、こんなこと言われる。
ERROR: Failed to Kconfig project
どうやら rlwrap とか言うもののバージョンが悪いらしい。
$ sudo apt-get install rlwrap
$ cd petalinux/tools/hsm/bin/unwrapped/lnx64.o/
$ mv rlwrap Xrlwrap <== backup Xilinx's ver of rlwrap
$ cp /usr/bin/rlwrap . <== put in one that works
ほんのちょっとだけ進んだが、次は
ERROR: Failed to source bitbake
Petalinux との組み合わせで検索してもいい情報がない。yocto と組み合わせるといくつか出てきた。
ionotify がないとか、ファイルシステムが良くないとか出てきたが、Creators Update で対策済みとのこと。
Windows のファイルシステム上で作業していましたが、念のため WSL のファイルシステムに移動して作業してみてもだめです。

[PR]
by tom01h | 2018-07-15 23:59 | Trackback | Comments(0)