micro:bit 側は左の写真のように接続して 2 番の穴にケーブルを通して裏側に出し、SD カードアダプタ側は右の写真のように接続します。ちょっと太めのケーブルは電源なので、電池 BOX の中に引き込みます。そして、SD カードアダプタを電池 BOX に接着剤で固定します。
f0054075_08473436.jpgf0054075_07480090.jpg

そのあと、絶縁と保護を兼ねてグルーガンでべたべたに固めて、前回 と同様のやり方で電池 BOX にねじ止めします。写真ないけど SD カード側も固めます。
f0054075_20365336.jpgf0054075_20365303.jpg

今回は SD カードアダプタ分の厚さがあるので、スペーサ代わりのポリのワッシャは 4 枚重ねです。ちょっと当たっているような気もしますが…
ねじは 10㎜ では届かなくなったので、15㎜ を買い足しました。
また、5 か所も固定する必要はないので 3 箇所だけ止めました。

[PR]
# by tom01h | 2018-04-23 22:49 | Trackback | Comments(0)
先日、SD カードのセクタ 0 が読めたのでその先はすぐだと思っていました。
でも、今回は micro:bit のメモリの少なさにかなり悩まされました。
FatFs を使ってプログラムを作ると、f_open したところでハングアップします。
最初は disk_XXX を間違ったのかと思って、全部 Fail を返すだけの関数にしてみてもやっぱり駄目でした。
仕方なく Petit FatFs にしてみたら動いたのですが、よくマニュアルを読んでみると…

The write function has some restrictions listed below:

  • Cannot create file. Only existing file can be written.
ダメじゃん。
ついでに言うと、 Petit FatFs にはファイル名は大文字じゃないと駄目(これはもともとのFATの制限?)ってところにも、結構悩まされました。
気を取り直してもう一度、FatFs を試してみます。
今度は FF_FS_TINY を 1 にして挑戦です。
あと、yotta_modules/microbit-dal/inc/core/MicroBitConfig.h の MICROBIT_BLE_ENABLED も 0 にします。
こっちの設定は、micro:bit の radio を使うためにはどうせ必要なんですけどね。
これでとりあえず、f_read は出来るようになったみたいです。
接続はこれで良いみたいなので、write を試す前に配線をやり直したいと思います。

[PR]
# by tom01h | 2018-04-22 23:37 | Trackback | Comments(0)

RISC-V 普及委員会

なんか良く分からない会合に参加してきました。
SiFive の人も来ていて、HiFive Unleashed のデモを見せてもらいました。
普通に Debian が動いていて、Linux ボードコンピュータとして何でもできそうな感じです。
でも、今時遊びに使うなら無線も欲しいかな?いや、遊びに使うには高すぎるか。
写真は同席した人に分けてもらったものです。この後、イーサネットとUARTの2本でMACと繋いでいました。
f0054075_13082767.jpg
ちなみに、今の日本で RISC-V をはやらせるのは難しいんじゃないかと思っています。
Researcher とか Developer とか数が少なくなっちゃって、ARM のような万全なサポート体制がないと厳しいかと。
Watcher とか Critic とかはいっぱいいそうですが…

[PR]
# by tom01h | 2018-04-20 23:59 | Trackback | Comments(0)
昨日の実験でははんだ付けに失敗していたことが判明したので、今日ははんだ付けをやり直して実験続行です。
が、今回は SD カードアダプタの方のはんだ付けがうまくいかなくて苦労しました。
最初はショートしてるところがあって動かなくて、結局こんなにボロボロになってしまいました。
f0054075_23461908.jpg
今回は CMD0,CMD8,CMD58,ACMD41,CMD58 で初期化して、CMD17 でセクタ0を読み出しました。
基本的には、このプログラム からのコピペです。もう少し進んだら公開するつもりです。
FPGA で試した時 と比較すると、今回はちゃんと動いているように見えますね。
f0054075_23401318.png

[PR]
# by tom01h | 2018-04-19 23:48 | Trackback | Comments(0)
SPI モードで SD カードにアクセスしたいと思います。集めたセンサーデータを SD カードに保存できると便利と思うので。
前にも紹介したとおり、ここ に mbed で SIP 経由で SD カードにアクセスするライブラリがあるのですが、別のライブラリを継承されていたり、mbed OS の機能を呼んでいたりするの?全貌がつかめないので、FatFs 用の diskio.c を作るための参考にとどめたいと思います。
f0054075_00234542.jpg

とりあえず、こんな無理な感じで実験しているのですが、CMD0 すら動きません。もしかしたら、こっちの面のエッジコネクタは単なる飾り?半田付けいちからやり直しか…

[PR]
# by tom01h | 2018-04-18 23:59 | Trackback | Comments(0)

micro:bit 追加

夢が広がりんぐでもう1個買いました。
今度は布教を頑張ってそうな所を選んで購入。
色被らんで良かった。もう1個買ったら赤来るかな?
f0054075_20052570.jpg

[PR]
# by tom01h | 2018-04-17 22:58 | Trackback | Comments(0)
この 電池Box を下の部品を使って micro:bit に取り付けました。[追記 売り切れたみたいです]
f0054075_20021980.jpg
このページ の一番下の方法を参考にしました。2種類のねじを買ってみましたが、使っているのはサラのほうです。[追記 この後、長さ15㎜のねじも追加購入しました]
f0054075_12224177.png

電池Boxの5か所に穴をあけて、ねじの頭 - micro:bit - ポリカのワッシャ - 電池Box - ワッシャ - ナット の順に止めます。ポリカのワッシャは2枚重ねでスペーサーの役割です。
f0054075_19460936.jpg

[PR]
# by tom01h | 2018-04-16 00:00 | Trackback | Comments(0)

ニューモデル試乗会

1泊2日でスキー板のニューモデル試乗会に行ってきました。
いつもは万座で温泉とセットの試乗会なのですが、今年は雪が少なくて志賀高原の焼額になりました。
日曜日は天気悪くて滑るのやめました。温泉ないのでゴロゴロするぐらいしかやる事ありませんでしたが…

[PR]
# by tom01h | 2018-04-15 23:30 | スキー | Trackback | Comments(0)

トラ技

micro:bit の特集があったので買ってみました。
MicroPython に手を出すかどうかは微妙ですが…
f0054075_00221396.jpg

[PR]
# by tom01h | 2018-04-13 23:59 | 本・映画など | Trackback | Comments(0)
mbed はちょっと試すには便利な環境なんだけど、ネットにつながってないとダメそうだし、好きなエディタが使えないし、別のソースを見ながら… とかやり辛いので、yotta を試してみることにします。
まずは yotta を、ここ の Installing On Linux にしたがって、WSL 上にインストールします。
その次に、前にも紹介した ここ にしたがって sudo apt install srecord を実行して準備完了。
プロジェクト作成には、続けて Creating a micro:bit project 以降を実行します。
ネットにつながらない環境でも micro:bit のプログラムを作れます。
Windows 用の yotta をインストールしないのは、また Vivado が起動しなくなるのが怖いので…

以下、プロジェクトを作成するときのコマンド

mkdir pulse
cd pulse
yotta init
yotta target bbc-microbit-classic-gcc
yotta install lancaster-university/microbit
yotta build


init で色々聞かれるので、

At this point you will be asked a set of questions:

  1. Name of module - defaults to name of directory
  2. Initial version - defaults to 0.0.0
  3. Is this an executable? - Yes in this case, defaults to No
  4. short description - whatever you want to put
  5. author - whatever you want to put
  6. licence - your preferred licence you want, defaults to Apache 2.0


[PR]
# by tom01h | 2018-04-12 23:43 | Trackback | Comments(0)