雑多な趣味の記録帳

tom01h.exblog.jp

<   2018年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

zero-riscy で vivado ip を作る 続き

昨日の続き。
[ちょっと修正]
結局、vivado でバージョン管理が必要なファイルはちょっとだけしかありませんでした。
CPU の IP の方は、project_1/project_1.xpr と、なぜか zero-riscy-test 直下に出来た component.xml, xgui/zeroriscy_sim_top_v1_0.tcl。
チップは project_2/project_2.srcs/sources_1/bd/design_1/design_1.bd の中にブロックデザインの定義があって、
ほかには自動生成された最上位の project_2/project_2.srcs/sources_1/bd/design_1/hdl/design_1_wrapper.v と project_2/project_2.xpr だけかな?
これらのファイルを追加して、Githubを更新しました。
また、kozos を UART Lite 用に書き換えたのに合わせて、Verilator 用のダミーの uart と文字出力用のアドレスを変更しました。

[PR]
by tom01h | 2018-02-15 23:59 | PCとか | Trackback | Comments(0)

zero-riscy で vivado ip を作る

include ファイルは IsInclude にチェックを付けると良いみたいです。
$readmemh は Type=mem にしてみました。なんか Warining 出ていますが、一応コンパイルできました。
f0054075_22314406.png
で、シミュレーションしてみるとリセットの極性が間違っていたので修正しました。
f0054075_22342117.png
さらに、kozos の serial.c を UART Lite 用に変更して、アドレスマップも変更すると FPGA ボード上でも動くことが確認できました。
あとは、どのファイルをバージョン管理する必要があるか調べないといけないけど、それは明日にするか…


[PR]
by tom01h | 2018-02-14 23:29 | PCとか | Trackback | Comments(0)

zero-riscy で vivado ip を作りたいんだけど…

zero-riscy のファイル構成が、include_dirs を指定しないと vivado がファイルのありかを見つけられないようになっているのですが、IP の場合はどうすればよいんだろうか?とりあえずこんなのを作りたいんだけど…
f0054075_00510462.png

[PR]
by tom01h | 2018-02-13 23:48 | PCとか | Trackback | Comments(0)

zero-riscy に AXI Lite マスターポートブリッジを追加する

昔の日記 を見ると、去年の11月ころから V-scale を vivado IP 化の構想が始まっているみたいです。
その後、やっぱり V-scale は何かと問題があるので zero-riscy に乗り換えて、他にも別の事やってたりして時間がかかりましたが、やっとここまで来ました。
AXI マスター用のブリッジは、 PULP プロジェクトから core2axi を流用させてもらいました。
f0054075_21242093.png
ダミー uart の接続はかなりいい加減です。
ブリッジはライトのアドレスリクエストとデータリクエストを同じタイミングで出すので、uart との接続もそれを頼りにしたさぼったインプリになっています。
また、今のところ xbar はウェイトに対応していないので、core から xbar とブリッジを通って uart まで、一切のリタイミング無しで作っています。
しかも… このブリッジは連続リクエストは受け付けられなさそうですねぇ。
シミュレーション上では、uart のリードライトが出来ているようです。
xbar が AXI のウェイトに対応できたら vivado IP 化が始められるかな?

[PR]
by tom01h | 2018-02-07 21:56 | PCとか | Trackback | Comments(0)

kozos on zero-riscy を ARTY A7 で動かす

やっと FPGA で動きました。
これで V-scale の到達地点まで来たかな。スラックは6ns超えですが…
f0054075_22424789.png

[PR]
by tom01h | 2018-02-05 22:45 | PCとか | Trackback | Comments(0)

LED シーリングライト

昔見た時には余裕で1万円を超えていたと思うのですが、最近はずいぶんとお安くなっていますね。
まずは、最近チカチカが目立つ和室から交換してみました。
蛍光灯と点灯管をフルで交換すると1000円くらいするし、4回分くらいの値段で買えたのかな。
交換も簡単。
f0054075_17202161.jpg

[PR]
by tom01h | 2018-02-04 18:17 | Trackback | Comments(0)

格別の乾杯

特に理由はないですが…
グラスはプレモルのおまけですが…
f0054075_19522609.jpg

[PR]
by tom01h | 2018-02-03 20:51 | Trackback | Comments(0)

kozos on zero-riscy に Hello World を追加しました

いきなり kozos の Step 6 ではサンプルとしていまいちかと思ったので、Hello World も追加しました。
いい加減、FPGA にも手を付けなくては。

[PR]
by tom01h | 2018-02-02 21:23 | PCとか | Trackback | Comments(0)

Windows コマンドプロンプトで kozos on zero-riscy を動かす

zero-riscy の Windows で実行可能なシミュレータを作ったので、kozos のコンパイルも Windows 上で実行できる環境を探ってみました。
コンパイラは SiFive GNU Embedded Toolchain v20171231 をダウンロードします。
kozos は make を使うので、GnuWin の中から make をインストール。
この2つがあれば、あとは このリポジトリ を使って kozos on zero-riscy のシミュレーションができます。
実際のやり方は Github の方に書きました。
最小限の環境を探ってみましたが、実際問題、コマンドプロンプトを CLI として使い続けるのはつらいでしょうけどね。


[PR]
by tom01h | 2018-02-01 22:21 | PCとか | Trackback | Comments(0)